歯科医院の予約・医院管理なら、歯科医院生まれのピスケス・アポ
歯科医院専用予約システムピスケス・アポ

電話受付  9時〜18時
フリーダイヤル0120-489-479

石田歯科矯正歯科クリニック様

石田歯科矯正歯科クリニック様は、多岐に渡る煩雑な治療の予約にピスケスを活用して頂いています。

今、石田歯科矯正歯科クリニックにはチェアが8台あり、1日に80名の患者さんが来られます。ドクターは矯正を含めて6人、歯科衛生士が13人。2015年の春まで手書きのアポイント帳で予約を管理していたのですが、さすがに限界でした。

ピスケスアポは、治療の具体的な内容を直接入力できるのが気に入ってますね。うちの医院の治療内容は複雑なんですよ。インプラントもあるし、矯正もあるし、いろんなことをやるので、予約表にシンプルに治療項目だけ書いてもわからない。項目だけだと治療にどれだけ時間がかかるかわからないから、ダブルブッキングしてしまう恐れもあるんです。

これまで手書きを続けていたのは、複雑な治療内容を文章で表現できるソフトがなかったからなんです。「あったら、いいな」と思って、デンタルショーに探しに行ったりもしたんですけど、うちの医院には合わないな、という予約システムばかりでした。単純に「印象」とか記述できるソフトはあったんでしょうけど、そんな簡単な記述内容だけではうちの医院では対応できない。治療の細かい内容が書けるピスケスアポは、うちにとって、すごくメリットが大きいんです。

ピスケスアポを導入する前は、インターネットなどで調べた4社から、どの予約管理システムがいいか検討しました。うち2社は、歯科医院の予約管理について、あまりにも考えられていませんでした。そこで、受付の担当者と僕で試してみて、アポイントの操作がしやすかった、ピスケスアポともう1社のシステムに絞りました。

もう1社の売りは、クラウドでバックアップでき、どこにいても接続できることでした。値段もピスケスアポより、かなり高かったんですけど、僕は値段ほどの価値を見いだせなかった。ただ最終的にピスケスに決めたのは、価格ではありません。僕が信用していた先生が使っていたこと。操作がしやすかったこと。いろんなオプションがあって、今後の発展性があるなと思ったこと。それらを総合して、ピスケスアポに決めました。

複雑な治療内容を書けるのもあるんですけど、例えば、11人の歯科衛生士を色分けして、表現してくれるのも気に入っています。歯科衛生士が僕のオペのアシスタントにつくんですが、僕のオペの予約が入っていたら、担当の歯科衛生士は別の予約を入れてはいけないと、視覚的にすぐにわかるんです。これは、ありがたいです。

手書き時代のスタッフは、本当に大変だと思うんですよね。治療内容が複雑なのでね。時間があったら、本当に頭が禿げるぐらいずっと予約表を見てくれていましたから(笑)。キャンセルがあったら、何回か先まで予約をしている患者も多いので、「ここだめ、ここもだめ」とか、必死に予約の調整をやってくれてたんです。

しかも、石田歯科矯正歯科クリニックのことを、すごく理解している受付じゃないと、とても手書きの予約管理はできない。治療内容が複雑だし、医院長がこの治療をしている時間に、絶対に予約を入れちゃダメとか、新人にはわからないわけですから。これまでは、「何で、ここで患者が重なっているの?」なんて、とんでもないミスがあったんですけど、それは、ピスケスアポが来てからなくなりましたね。

ピスケスアポを導入してからは、受付が休んだ場合でも対応できるようになりました。医院に入って1年目ぐらいの子も、すごく上手に使いこなしていますよ。歯科のことをあまり知らない子だったんですけど、操作しやすいから、簡単に予約管理ができてしまうわけです。

すごいいいですよ。本当にそう思いますよ。ありがたい、なんて表現じゃすみませんよ。もう手書きには戻れません。ありえないと思う。ピスケスアポがなくなったら、スタッフの反乱が起こるんじゃないですかね(笑)。

石田先生のオススメポイント

石田歯科矯正歯科クリニック

〒730-0013
広島県広島市中区八丁堀4-4  エイトバレー八丁堀2F

http://www.ishida-dental.jp