キャナルコート歯科クリニック様

キャナルコート歯科クリニック様は、ピスケスの導入で予約のミスが大幅に減ったと言います。


キャナルコート歯科クリニックは、イオン東雲ショッピングセンター内と、すぐそばの東雲キャナルコート内に医院があります。

以前の予約管理は、紙に手書きの予約帳。当時のチェア数はイオンが6台、キャナルコートが7台でしたが、紙での管理は大変でしたね。だからピスケスアポを導入して助かってますよ。予約のミスがほとんどなくなりましたからね。

紙時代は、ミスが多かったんです。予約帳と診察券に書いた予約日時が違っていたり、ダブル・ブッキングしたり。チェア数も増えましたし、システムを入れなかったら、受付担当者をもう1人増やす必要があったと思います。

 

キャナルコート歯科クリニックでピスケスアポを入れたのは、2014年夏です。来院患者も多くなり、イオンのチェアを最大13席まで増やせるように増幅させたのが、きっかけです。もう紙での予約管理は無理だと思いました。作業量が増えると、さらにミスが生じる可能性が高まりますからね。

導入するにあたっては、他社の予約管理システムも検討しました。ただ、キャナルコート歯科クリニックは、紙時代の予約方法に慣れている。だから、予約のやり方自体は変えたくないという事情がありました。例えば、来院済みの患者は、名前を蛍光ペンで塗りつぶして、視覚的にわかりやすくしていました。

 

手書きの予約ノートは管理が大変

 

でも、他社製のシステムはそれができない。
あまりにも操作の自由度が低く、これでは今まで私たちが紙でやっていたことが制約されるな、と。

ピスケスアポは、比較的自由度が高かったです。
来院済みの患者に色を付けたり、各ドクターや歯科衛生士を色分けしたりと、紙でやっていたことが、そのままできる。しかも、手書き感覚で扱えます。予約管理をさらにスピード化させつつ、ミスを減らそうという目的の中で、移行しやすいシステムだったので、導入を決めました。

私が個人的に気に入っているのは、クリニック内にいなくても、遠隔地から予約状況を、携帯電話などで瞬時に確認できる点ですね。

 


紙の予約帳時代では、できなかったことです。歯科医師会などの急な仕事が入ったりした時でも、自宅ですぐにスケジュールを確認できるので、とっても助かっています。

ただ、何と言っても受付の担当者が、一番ありがたく感じているのではないでしょうか。負担がかなり減ったと思います。手書き時代は、書き直しすぎて紙がいつも破れていましたから(笑)。

キャナルコート歯科クリニックが、二つの医院を近隣で開いている特殊性があるんですけど、以前は、電話で互いの予約状況を確認しあっていたので、受付も大変だったんですよね。

 


ピスケスアポのおかげで、予約がいっぱいのイオンに急患が来た時、キャナルコートの予約が空いていたら、すぐにご案内できるようになったんです。その逆もあります。イオン側からも、キャナルコート側からも、互いの医院の予約状況が、すぐにチェックできますから。

予約キャンセルなど急な患者さんの連絡に対しても、受付の対応は早くなりましたし、ミスも少なくなりました。ミスが減れば、私のストレスも少なくなりますし、いいことだらけですね(笑)。

 

ピスケスアポを知ってしまったら、もう紙の予約帳に戻ることはできませんよ。
さらに言えば、他社の予約システムに変更することもできませんね。それだけ満足しています。もっと早く導入しておけば、よかったです。

山田健太郎先生のオススメポイント

  • 遠隔地から
    予約状況を
    チェックできる
  • 予約ミスが激減
  • 視覚的に
    わかりやすい
  • 手書き感覚で
    操作がしやすい

キャナルコート歯科クリニック

■イオンショッピングセンター内クリニック
〒135-0062
東京都江東区東雲1-9-10 イオン東雲ショッピングセンター2F

■東雲キャナルコート内クリニック
〒135-0062
東京都江東区東雲1-9-22 アパーツメンツ東雲キャナルコート1F
http://www.canal-dental.net/