歯科医院が、歯科医院のためにつくった予約システム「ピスケスアポ」誕生の軌跡

1999年、ある歯科医院で産声をあげたのが、歯科医専用予約システム「ピスケスアポ」。
「患者さんにとって社会にとって、世界水準の歯科医療を行い福岡から発信する!」
院長には、とてつもなく大きな大きな志がありました。

歯科医療の常識には、けしてとらわれません。
願うのは、より高いレベルの歯科医療、スタッフの意識向上、
そして、なによりも歯科業界全体の発展です。
そのためには、日々挑戦を繰り返します。

数多くの挑戦を成し遂げてきた歯科医院ですが、
その中のひとつに、この歯科専用予約システム「ピスケスアポ」の開発がありました。

既存のシステムでは、納得できない。
「ないなら、作ってしまおう」。

約1年の試行錯誤の中、ようやくできあがったのです。
さらに、ひと目見た歯科医院から「うちにもほしい」の声、続出。

「いいものができたから、役立ててもらおう」と販売を開始しました。

ピスケスアポは、単なる受付予約管理ではありません。
「ピスケスアポにしたら、患者が増える!」
目指したのは、スタッフの向上心を掻き立て、ひとりの患者さんに末永く通ってもらうためのシステム。

ピスケスアポは、これからも多くの歯科医院とともに進化を遂げていきます。

良い予約システムがないなら、
自ら作ろう! 歯科医院の声にシステムエンジニアが奮闘1年

手書きよりも驚くほど簡単! 1画面で予約完結、マウスひとつで操作

詳しくはこちらから

誰でも簡単に使いこなせる
予約システム ピスケスアポで受付の負担が大幅減

ピスケスアポで
キャンセル率低下 患者を待たせず、リピート率アップも

詳しくはこちらから

うちでもピスケスアポを
使いたい 視察の歯科医から導入希望の声が続出

ピスケスアポにして
患者が増えた! 歯科医院の意見に耳を傾け、
「一生進化」する予約システムへ

詳しくはこちらから